スカラバス

SCARABAS / ハンターレイン
詳細

驚異のコストパフォーマンスでリピーター続出! 一大旋風を巻き起こした人気アイラシングルモルト「スカラバス」 ボディーの強さ際立つハイプルーフバージョンバッチ・ストレングスが再入荷! 2013年設立、看板ブランドである「オールド・モルト・カスク(OMC)」シリーズが有名で、アイラ島9番目の「アードナッホー蒸留所」オーナーでもある「ハンターレイン(以下HL)」社。 先代よりアイラの地にゆかりがあり、特にアイラモルトの評価が高いそのHL社より、2019年に満を持してリリースされた渾身のアイラモルト「スカラバス」は、蒸留所名と熟成年数は完全シークレットとなっておりますが、その素晴らしい味わいと一際目を引くグッドデザインでは考えられないリーズナブルな価格設定で、リピートが途絶えない大人気ボトルになっております。 その「スカラバス」のハイスペックバージョンは、甘さとピート感が特徴の通常版とテイストの方向性は変わらず、よりパワフルな口当たりで、より長いフィニッシュを堪能出来る逸品です。 「スカラバス」~捜し求める者だけが見つけるもの~ スカラバスとは、「岩の多い場所」を意味する古ノルド語で、アイラの秘境の地名にちなんでいます。 そして、ラベルデザインにあしらわれた「日照計のイラスト」は、日照計を発明したアイラ島出身のジョン・フランシス・キャンベル氏が持った旺盛な好奇心と強い探究心と同じようにという思いが込められています。 探究心と厳しい眼によって、アイラの自然の恩恵を隅々まで理解し、独自の製法によって生まれる褒美のようなウイスキーであることが見事に表現されています。 カスクタイプ:リフィルバーボンカスク&バージンアメリカンオークカスク <テイスティングノート> 海岸の焚き火やアイラのピートスモークの力強さに、リコリスやトフィー、バニラが加わる。 灰をいつまでも感じる長いフィニッシュ!ハンターレイン 2013年、ダグラスレイン社を支えてきた二人の兄弟は、それぞれの後継者のために会社を分け、兄のスチュワート・レイン氏は新しくハンターレイン社を立ち上げました。 それまでダグラスレイン社のメインシリーズであった「オールド・モルト・カスク」や長期熟成のシリーズ「オールド&レア・プラチナム」はスチュワート氏が引き継ぎ、変わらぬ品質の高いリリースで日本のウイスキーラバーを魅了しています。 蒸留所責任者には、伝説的な名物ディスティラー、ジム・マッキュワン氏も加わり、業界を賑わせています。今後の動向から目が離せない、いま一番注目のボトラーかもしれません。 |出典: 津田SAKE店

商品一覧

List of products

71件

スカラバスをもっと探す

Find more of this whisky

スカラバスの口コミを見る

Review of this whisky

ハンターレインのウイスキー

whiskies related the maker

スコットランドのウイスキー

whiskies related the area

カテゴリから探す

search from category