ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオン

LA CHAPELLE DE LA MISSION HAUT BRION / シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン
詳細

こちらの商品の配送スケジュール ※当日発送以外の商品との同梱、決済エラー時は、このスケジュールで対応できないことも御座います。 ※在庫状況により、対応できないことも御座いますので、ご了承ください。 ▼ギフト対応はこちらで行っています。 ワイン名(原語) ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオン (LA CHAPELLE DE LA MISSION HAUT BRION) 原産国・地域 フランス・ボルドー 原産地呼称(A.O.C.) ペサック・レオニャン(Pessac-Leognan) ヴィンテージ 2020年 ぶどう品種(栽培比率) メルロ55%、カベルネ・ソーヴィニヨン42%、カベルネ・フラン3% タイプ 赤ワイン 内容量 750ml ご注意 開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。 保存方法 要冷蔵 18℃以下 ※こちらの商品は実店舗と在庫を共有している為、ご注文頂いても稀に売り切れの場合が御座いますので予めご了承下さい。 【FR】【BO】 【PSG】【T-RE】【T-SEC】【T-FL】【T-TN】【C-RSV】【OPN】【V-202】ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオン LA CHAPELLE DE LA MISSION HAUT BRION La Chapelle de la Mission Haut Brion | ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオン ボルドー5大シャトーとして名高いシャトー・オー・ブリオンに向かい会う、 シャトーラ・ミッション・オーブリオン。 現在はオー・ブリオンと同じく ドメーヌ・クラレンス・デュロンが 所有しています。 シャトーラ・ミッション・オーブリオンは近年、品質、価格、人気が最も上昇したシャトーであり、年によってはその評価がオー・ブリオンを上回る程の実力を持っております。 名実共に、今やオー・ブリオンと並び、メドック、サン・テミリオン、ポムロールの名立たるシャトーに渡り合う、グラーヴ地区を代表するシャトーです。 ラ・ミッション・オーブリオンは、17世紀にラザリスト会の宣教師たちによってブドウ園が整備され、シャトーが建てられました。 もともとオー・ブリオンのブドウ園の一部だったと言われており、オー・ブリオンに匹敵する上質なワインが造られていました。 フランス革命により領地は国家に没収され、競売に掛けられてしまいます。 所有者は何度も替わり、シャトーはすさんだ状態になりますが、1919年にシャトーを購入したウォルトナー家により、ラ・ミッション・オーブリオンのワインは、メドックの一級シャトーや隣のオー・ブリオンに匹敵し、時にはしのぐほどまでに高められました。 厳しい評価で知られるル・クラスマン誌(現レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス誌)をして、 あの偉大なオー・ブリオンに 「テクスチャーの官能性では「ラ・ミッション・オー・ブリオン」の方が上を行っている」 と言わしめ、 ロバート・パーカー氏に 「ラ・ミッション・オー・ブリオンは依然として一級シャトーの品質のワイン。文句なしに世界で最も非凡で独特のワイン」 と言わしめた逸品です。 1983年には2つの兄弟シャトー、ラ・トゥール・オーブリオンと白ワインをつくるラヴィル・オーブリオンと共に、 オー・ブリオンを所有するドメーヌ・クラレンス・デュロンに買い取られます。 豊富な資金力、優秀なスタッフのもと、ラ・ミッション・オーブリオンはメドックの一級シャトーに匹敵する、品質と人気を誇るシャトーです。 ラ・ミッション・オーブリオンのセカンドワイン『ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオン』は、 2006年より、旧シャトー・ラ・トゥール・オーブリオンのワインが採用されています。 ウォルトナー家の時代から一緒に造られており、ラ・ミッションと地続きなブドウ畑のため、セカンド的な位置づけのシャトーでした。 ラ・トゥール・オーブリオンは1953年のグラーブ格付(赤)に選出されている実力シャトー。 ラ・ミッションの力強く、芳醇で濃厚なスタイルを受け継ぐ、メドックの格付シャトーに匹敵するワインです。 |出典: ワインショップソムリエ

商品一覧

List of products
絞り込み 条件絞り込み

50件

本ページにはプロモーションが含まれます

ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー・ブリオンをもっと探す

Find more of this wine

フランスのワインをもっと探す

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンのワイン

wines related the winery

フランスのワイン

wines related the area

新着ワインセット

new wine set

ワインに関する記事を読む

articles

カテゴリから探す

search from category