クウィンテッサ

Quintessa

生産地: アメリカ

詳細

クィンテッサ 2017 力強い構造を持ち、タンニンにはエレガントさがあり、グラスの中でワインが開くにつれて、またボトルの中で熟成するにつれて、新たな複雑さの層が現れてきます。アロマは、ブラックチェリーとカシスの香りから始まり、ダークチョコレートで覆われています。 タイムとセージの香りがシナモン、杉、お香の香りと混ざり合います。 ワインは、生き生きとした酸味が、赤や黒の果実の層と優雅にバランスをとり、エレガントで繊細なワインを生み出します。 タールとタバコの香ばしい特徴に続いて、このワインは構造と駆動力を持ち、繊細なタンニンの長い余韻が続きます。ブレンド:カベルネ・ソーヴィニヨン92%、メルロー4%、カルメネール3%、プティ・ヴェルド1% 生産者クィンテッサQuintessaヴィンテージ2017容量750ml解説パーカーポイント: 95点予想される飲み頃:2020 - 2047Already bottled, the 2017 Quintessa displays a deep garnet-purple color. The nose needs a little coaxing before it reveals bold, expressive notes of crushed red and black plums, black currant jelly, wild blueberries and kirsch with nuances of camphor, cloves, cedar and lilacs plus a hint of oolong tea. Medium to full-bodied, the palate has beautifully expressed, elegant red and black fruit layers, with a sturdy, grainy frame and plenty of freshness, finishing long and earthy.(Issue 245 End of October 2019, The Wine Advocate, 1st Nov 2019) クィンテッサ一覧へチリとカリフォルニアの融合 クィンテッサ Quintessa トップの人材を集結!バイオダイナミックスで造るナパのボルドー・ブレンドチリのコンチャ・イ・トロを躍進させたアガスティン・ヒュネイアスがナパヴァレーでビオディナミで造っているボルドー・ブレンドです。チリのコンチャ・イ・トロを躍進させたアガスティン・ヒュネイアス、チリのバイオダイナミックスの先駆者ロドリゴ・ソト、コンサルタントはミシェル・ロラン、セーニャやアルマヴィーヴァのジェネラル・マネージャーを務め、ボルドーを含む世界のワイン業界に通じている輸出担当ディレクターのディエゴ・ギャレイなどトップの人材が集結して造られているのがナパのボルドー・ブレンドの「クィンテッサ」です。コンチャ・イ・トロを国際的に躍進させた実業家アガスティンとヴァレリアはともにチリ生まれで、ワイン業界のベテランです。ヴァレリアは微生物学者であると同時にブドウ栽培者でもあり、現在クィンテッサの本拠地となっている土地を最初に発見した人物です。アガスティンは20代の頃、父親から漁業を受け継いでいましたが、すぐにヴィーニャ・コンチャ・イ・トロに投資する機会を得ました。当時はまだ小さなワイナリーでしたが、最終的にはチリ最大の生産者に育て上げました。1960年、27歳のときには、アガスティンはコンチャ・イ・トロのCEOになっていました。1970年代初頭、彼はシーグラム社に勤務し、シーグラム・アルゼンチーナを皮切りに、数年後にはニューヨークから全世界の事業を統括していました。その後、数多くのワインベンチャーに関わり、1999年にはHuneeus Vintners(クィンテッサなどを所有)を設立しました。26の独立した区画に細分化されたブドウ畑クィンテッサ・ワイナリーは、シルバラード・トレイルの西側、ラザフォード・クロス・ロードのすぐ北側に位置する、魅力的なワイナリーです。敷地面積は280エーカーで、そのうち約170エーカーにブドウが植えられています。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、そしてオーナーのルーツに敬意を表してチリの特産品種カルメネールが植えられています。また、ソーヴィニヨン・ブランが2エーカーの畑に植えられています。ワイナリーは、1989年にチリの著名な醸造家であるアガスティン・ヒュネイアス氏とその妻ヴァレリア氏によって設立されました。1990年と1991年には、30%以上の傾斜地での栽培を禁止する斜面条例が制定される直前に、段々畑の急斜面も含めてブドウの木が植えられました。敷地の広さと地理的な特徴により、様々な斜面、土壌の種類があります。ブドウ畑は26の独立した区画に細分化されています。セラーでは、ワインは26の異なるタンクで醸造されています。このタンクには、ステンレススチール製のものと、大きなオーク材を使用したタンクがあります。これにより、区画ごとの醸造が可能になりました。クィンテッサでは3種類のワインを造っています。 ボルドーの主要品種をすべてブレンドしたクィンテッサ・カベルネ・ソーヴィニヨンはフラッグシップワインとして1994年にリリースされています。2002年にリリースされた「ファウスト」はクィンテッサのセカンドワインで、若木のぶどう、クィンテッサの規格から外れたロットのぶどう、購入したブドウの組み合わせで作られています。クィンテッサ・ソーヴィニヨン・ブラン・イルミネーションは、ナパ・ヴァレーとソノマに植えられた自社畑のぶどうと購入したブドウをブレンドしたものです。 |出典: 勝田商店

商品一覧

List of products
絞り込み 条件絞り込み

20件

クウィンテッサをもっと探す

Find more of this wine

アメリカのワインをもっと探す

アメリカのワイン

wines related the area

新着ワインセット

new wine set

ワインに関する記事を読む

articles

カテゴリから探す

search from category